スピードメーター
 
ガ―ミン
Edge 1000J
最も大きな変更点は画面の大型化。
前作810Jが画面サイズ 5.5cm x 3.6cm、解像度 160 x 240ピクセルだったのに対し、1000Jは画面サイズ 6.5cm x 3.9cm、解像度 240 x 400ピクセルと大型化。
より高精細なディスプレイを手に入れ、ライド時の見やすさも向上。

また、改良されたディスプレイは縦表示と横表示、どちらにも対応するようになった。
自分が見やすい表示方法を設定することでより使い勝手が向上す。

加えて、タッチパネルも大きく進化。
マルチタッチスクリーンを採用し、ダブルタップやピンチインといった動作が可能となった。
普段使い慣れているスマートフォンと同様の操作体系を持つことで、より直感的に操作することができるようになった。
もちろん、前作同様に冬用グローブを装着したままでも操作できるので、これからの季節でも重宝するはず。
一方、ソフト面でも1000J には新機能が追加されてます。
従来のライド機能やナビゲーション機能に加えて、新たに追加されたのが「セグメント」。
セグメントとは仮想のレースコースで、あらかじめガーミンコネクトから1000Jに指定したコースを転送しておき、自分自身やガーミンコネクト上のユーザーなどがそのコースを走行することで、
そのコースのタイムを競うというもの。

指定したコースを走ると自動的に仮想のレースを行うことが可能なので、時間が合わずなかなか仲間同士で集まれないような多忙な現代のライダーにとって、福音となる機能。
時間にとらわれず、都合のいいタイミングでいつでもレースができるのだ。

価格(税込)  \85.230を ¥76.000
在庫  次回入荷予定